北信越乗りつぶし 第1夜 ~小海線 上田電鉄 長野電鉄~

乗りつぶし
スポンサーリンク

元々 4泊5日で北海道東日本パスを使って東北を周遊しようと考えていたのですが、前回の山陰・九州の乗りつぶしの旅で予算より多くお金を使ったり度重なる送別会でお金がバンバンなくなっていくのでした笑

東北行く余裕はさすがにないかな… と思い悩んだところまだ未乗だった北陸新幹線の金沢開業で第三セクターに分離されたしなの鉄道、えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道の4社が出してる4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷの存在を知ったので信州・北陸をターゲットに旅に出るのであった

2018年3月27日(火)
まずは小海線に乗るために小淵沢に向かいたいのですが、特急で行くとお金かかるし普通列車で行くと時間はかかるしでてんてこまいでした。
そこでバスを使って小淵沢へ向かうことにしました。

DSC00297
新宿から乗っても良かったのですが、中央道府中からバスに乗ります。
こっちのほうが自宅から近いし新宿よりも少しだけ運賃が安いというメリットがあります。

DSC00298

しばらく待って上諏訪・岡谷行きのバスが府中バス停に到着しました。
運賃は小淵沢までで2,160円でJRで行った場合 約2,600円なので安いし時間短縮にもなる
途中で日野、八王子と高速バス停に停車してお客を拾ってその後 山梨・長野の各バス停でお客を降ろしていくのです。

途中トイレ休憩を挟みながら走ること2時間 小淵沢バス停に到着しました。

DSC00299
南アルプスを望みながら小淵沢駅に向かう

バス停から歩くこと20分弱 小淵沢駅に着いて、小海線に乗ります。
DSC00300
小海線 小諸行き 2両編成

DSC00302
小淵沢を出ると大きなカーブを描きながら中央本線と別れる

この小海線は小淵沢~小海は山間部を走行し、小海~小諸は平地を走っていました。
途中 JR鉄道最高地点が清里~野辺山間にあって、写真に収めようとしましたが進行方向右側に座っていて最高地点の碑は進行方向左側だったので写真に収めることが出来ませんでした…

DSC00304
E200系とすれ違う

北陸新幹線の乗換駅の佐久平は在来線の小海線が高架で新幹線が地上という面白い構造の駅でした笑
乙女~小諸はしなの鉄道と並行して終点小諸へ到着しました。

DSC00307
ほぼ1年ぶりのしなの鉄道です。
途中に乗り換え改札がないので運賃は車掌さんに申請して払いました。
上田までの18㎞で400円かかります。
都内でも屈指の運賃の安さを誇る京王線は新宿から端の高尾山口までの44.7㎞で381円と考えると割高に感じます。(※2018年当時の運賃)
でもまぁしなの鉄道は第3セクターだし京王線と比べて利用者も全然違いますしね笑

DSC00309

DSC00310
上田で上田電鉄に乗ります。
自動券売機で1日乗車券を購入、料金は1,180円で上田~別所温泉の運賃が590円であるので、単純往復でようやく元がとれるフリーきっぷです。
上田~別所温泉の単純往復しかしないけど筆者ゆうひは、乗車記念ということでフリーきっぷを買うようにしています。

DSC00311
元東急車を使用している

DSC00313
上田駅を出てすぐに千曲川を渡る

DSC00314
DSC00315
終点 別所温泉駅 降りるとはかま姿の女性駅員さんが迎えてくれました。

DSC00317
駅近くに昔の車両が展示されていた。

10分ほど駅を散策して折り返し列車に乗って上田駅に戻りました。
時間短縮のため1駅だけでありますが北陸新幹線に乗車して長野に向かいます。
DSC00319

DSC00321
DSC00322
長野駅に到着して長野電鉄に乗車します。
驚いたことに長電の長野駅は地下駅であり、この地下区間は善光寺下まで続きます。
中小の私鉄会社で地下区間があるのはかなり珍しいことです。
長野駅では多くの人が乗っていましたがだんだんと少なくなっていきました。

DSC00323
信州中野駅 旧ロマンスカーが走っている

信州中野で湯田中行きの電車に乗り換える。この駅で系統分離されています。

DSC00326
DSC00327
長野電鉄長野線の終点 湯田中駅

終点の湯田中駅に到着しました。予定ではすぐに折り返す予定でしたが、温泉街ということもあり少しゆっくりしていくことにしました。

DSC00328
左側に映っているローソンで小休止しました。

DSC00329
湯田中駅前温泉 楓の湯
入湯料300円で休憩室があってゆっくりできました。

DSC00330
湯田中駅前のイルミネーション

温泉に入ってリフレッシュして長電で長野まで戻りました。
長野駅で適当にご飯を食べて、再び長電で信州吉田に行き、いつもの快活クラブで宿泊しました。

第2夜に続く

良かったらX(旧 Twitter)のフォローよろしくお願いします!

最新の記事をいち早くチェックできます→

コメント

タイトルとURLをコピーしました