【フリーきっぷでまぐろが食べられる⁉】 コスパ最強の京急電鉄みさきまぐろきっぷでお出かけしてみた

お出かけ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

都内から気軽に遊びに行ける場所って限られててなおかつ日帰りで満喫したい
ということで
「みさきまぐろきっぷ」でお出かけしました!
「みさきまぐろきっぷ」は京急が販売している切符で
品川からだとデジタルきっぷで※3,660円で有効期限は1日で日帰り旅行に最適の切符です。

※磁気乗車券だと3,760円かかります。

品川の券売機で切符を購入
購入すると3枚の切符が出てきた

  • 電車&バス乗車券
  • 選べるまぐろお食事券(現在のまぐろまんぷく券)
  • レジャー施設利用券orお土産券(現在の三浦・三崎おもひで券)

この3枚で※3,060円というから驚き! ※2023年、現在はデジタルきっぷで3,660円になっています。

ということで品川から京急に乗車したが
次の京急蒲田ですぐ降りました。

理由はその次の快特が泉岳寺始発の2ドアのオールクロスシートの車両だから
間違えてロングシートの快特に乗ってしまった。
せっかく乗るんだったら快適に行きたいという判断だった。

品川から出て1時間ちょっとで列車は三崎口駅に到着しました。

PA041536
PA041537

京急の赤い車両かっこいいっすね~
京急にはスピードと快適さが魅力の一つなのではないかと私は思います。

PA041539

PA041540

電車を撮影したところで改札を出る切符は帰りも使うので大事にとっておいてくださいね
駅前がロータリーになっており1番のりばが油壷方面 2番のりばが三崎港・城ヶ島方面で
今回 私は三崎港・城ヶ島方面へと向かった。
バスも電車のときに使った切符を運転士さんに見せればOKなので運賃精算のときにもたつかないのが楽ですね

20~30分ほどバスに乗車して三崎港に到着
ここに来るまで財布を忘れて戻ったり2ドアの快特を待ったりというハプニングがあって時間は13時を回っていました

お腹も空いたことだしメインのまぐろお食事券でも使おう!とバス停から徒歩3分ほどにある
【鮮味楽】というまぐろきっぷ提携の店へ向かいました
ここでさらなるハプニングが待ち受けていようとはこの時点では私は思いませんでした…

この店では外でメニューを決めて注文する店で店内にはメニューはありませんでした
ここのメニュー全てがまぐろきっぷで食べれるのか!お得すぎないか!? と私は思ってしまったのです。

それで私は通常2,450円するまぐろ三色丼を頼んだのである

PA041545
こんな感じ 豪華ですね~

だがしかし食事中に私はある不安がよぎった

(もしかしてこれ まぐろきっぷつかえないんじゃないか…?)
その不安は見事に的中しました。

精算のときにきっぷを提示したら店員さんが
「ごめんなさいね きっぷ使えないのよ 限定メニューがあってね」
‼!? 限定メニューだと…??

後できっぷのこと調べたらこのメニューできっぷは使えますって書いてあった!!
だったら店のメニュー書いておけよ!! 不親切だ!
と言いたいとこだが店側からしたら赤字覚悟の代物なので仕方ないことだろう

お金のない私にはとても痛い2,450円が店のレジの中にいき
私の財布の中身はすっからかんになりました。

 

「あぁ俺の2,450円がぁ…」と30分くらい本気でへこんでました(笑)

その傷を癒すためにレジャー券をつかってにじいろさかな号に乗ることにしました。
レジャー券を乗船券と引き換えて乗船

出港するとカモメが船と一緒に飛び立った!

PA041553

にじいろさかな号は50円でカモメにえさが与えられます。 えさはかっぱえびせん
よく見てみるとトンビもいる
鳥たちとともににじいろさかな号は魚が多く泳ぐスポットへと移動します。

PA041557
PA041559

魚がたくさん泳ぐとこが見られました。
海で船が動き出すのを待ってるカモメが可愛かった(笑)

にじいろさかな号を堪能した後はバスで城ヶ島に向かいました。

 

PA041564
PA041566

景色がとても良かったです!
晴れてて良かった

PA041568

灯台の階段から下った駐車場に猫がいました。

城ヶ島を堪能し先ほど使えなかったまぐろお食事券を使いに再び三崎港へ戻ってきました。
向かったお店は先ほどの鮮味楽からちょっと先の回転寿司 さん和というお店できっぷを使うことにしました。

PA041570

店に入って切符を使いたいんですけどと言ったらこのメニューを出してくれました。
大トロ・中トロ2貫 赤身2貫 地魚 5貫とあら汁がついてました!
値段にして1,700円相当といったところです。これがきっぷに含まれてるとはお得すぎる…!

さてお腹も膨れたところで帰りますがこのまぐろきっぷの乗車券は、
途中下車もできるのです。
ついでに京急川崎で一旦途中下車して京急大師線に乗車します。

PA041574

PA041573
終点の小島新田 駅前には特に何もなかったのでとんぼ帰りで川崎に戻り
品川へと帰ってきました。

さてこの切符でどれくらいお得になったのかを※計算してみると
・京急 品川~三崎口 926円
・京急バス 三崎口駅~三崎港 300×2=600円
・京急バス 三崎港~城ヶ島 180×2=360円
・にじいろさかな号 1,200円
・さん和 寿司 1,700円
・京急 三崎口~京急川崎~品川  710+227=937円
合計 5,723円!  これで※3,060円とはかなりコスパがいい
まぁあの海鮮丼の分も含めるとあまり変わらないんですけどね…

※2017年10月上旬時点の値段です。 2023年現在では運賃などの値段が上昇しているのでご了承ください。

 

関連記事

 

【京急・よこすか満喫きっぷ】3000円ちょっとで横須賀観光してみる
三浦半島は都心から近く日帰りでお手軽に旅行ができる場所です。 京浜急行電鉄が販売しているお得なきっぷは種類が豊富です。 有名なみさきまぐろきっぷなどの企画乗車券は電車やバスのフリー乗車券だけではなく食事を楽しむための食事券、レジャーを楽しむ...

 

神奈川県(三浦) 京急の三浦半島2DAYきっぷで三浦半島を制覇する! 日本47都道府県を巡る旅(12)
前回の湘南に引き続き神奈川を攻めていきます。 今回使用するのは京浜急行電鉄の三浦半島2dayきっぷで三浦半島を制覇していこうと思います! 三浦半島2dayきっぷ 概要 三浦半島2dayきっぷは金沢文庫以南の京急電車と京浜急行バスが乗り放題で...

 

関連商品

 

 

 

良かったらTwitterフォローよろしくお願いします!

筆者の最新情報を得られます→

コメント

タイトルとURLをコピーしました