都区内パスで東京巡りしてみた

東京を周遊するとき基本は価格が600円で東京都区内以外もカバーできてなおかつ購入から24時間有効な東京メトロ24時間券を使うことが多いですが今回はJRの都区内パスを使って東京を周遊してきました。

都区内パスは東京23区のJRの駅がフリーエリアであり北は浮間船渡, 南は蒲田, 西は西荻窪, 東は小岩まで行くことができます。

今回行くところは東京メトロ24時間券で行けないとこを回って行こうと思います。

都区内パスで行けて東京メトロ24時間券では行けない亀有, 蒲田に行ってきました。

葛飾区の亀有駅に行く

亀有はこち亀の舞台になっており都内ではまだ訪問していない場所でした。

降りてみるとこち亀を全面的にアピールしていました。

駅の近くにアリオがありこち亀並みに亀有のスポットとして有名みたいです。

余談ですが綾瀬~松戸の各駅それぞれに今や店舗が少なくなったイトーヨーカドーがありまして綾瀬の隣の北千住はイトーヨーカドーの1号店がありましたが今は閉店となっておりありません。

個人的にはお気に入りの電子マネーのnanacoが使えるのでイトーヨーカドーは好きです笑

亀有はこち亀の舞台なので両さん達がお出迎えしていた

亀有駅北口の交番が亀有公園派出所のモデルらしい

亀有駅前にある亀有リリオパーク

亀有公園 交番はない

両さん銅像がベンチでくつろいでいた

 

こちらが亀有公園でこち亀ではここに交番がありますが実際は亀有公園には交番がなく駅北口にある交番がモチーフになっています。

子供たちがはしゃぎ回っていまして都内ではそこそこ広い公園でした。

蒲田駅前

次は蒲田に来ました。 亀有から蒲田まで1時間以上かかり運賃は550円かかります。

蒲田駅前にある鳴門鯛焼本舗でたい焼きを食べる

駅前に鳴門鯛焼本舗があったので思わずたい焼きを購入しました。

鳴門鯛焼本舗はチェーン店なので別に蒲田だから特別ってわけではないですけどこういうたい焼き屋を見ると思わず買ってしまいます。

中華料理歓迎 の餃子

少しお腹を満たすために駅から5分ほどにある中華料理び歓迎(ホアンヨン)の羽根付き餃子を食べます。

値段は300円で餃子のたれは醤油とお酢で作る本格的な中華料理店でした。 美味しかったです。

ユザワヤで売っている鉄道模型

つぎに蒲田のユザワヤに立ち寄りました。 ここのユザワヤはそこそこ大きく3館あります。

その中の一つに鉄道模型を販売している場所がありました。ここは昔 ジオラマがあったらしくて鉄道模型の種類も豊富だったようです。

武蔵野アブラ学会 の油そば 美味しい

遅めの昼食を食べようと名古屋で食べた台湾まぜそばの麺屋はなびに行こうと新大久保で下車して歩いて向かいましたが14時で一旦閉店でそれに間に合わず引き返す形となりました。

代替案として代々木にある武蔵野アブラ学会に行くことにしました。

店の前にはリピート率85%の店と書かれていました。 店に入ると券売機がありましてなんと大盛りが並盛と同じ値段つまり大盛りが無料だったのです。 さらにスープも無料で飲めるのでリピート85%も納得できる数字のサービスで味も僕にとっては美味しい味でした。また行きたいなと思いました。

というわけで都区内パスで亀有, 蒲田などを回ってみた報告でした。

かかった費用

品物 値段
都区内パス 750円
たい焼き 194円
羽根付き餃子 300円
油そば 630円
1874円

訪問日
2019/01/18

良かったらX(旧 Twitter)のフォローよろしくお願いします!

最新の記事をいち早くチェックできます→

コメント

タイトルとURLをコピーしました