最長片道切符の旅 第6夜(南気仙沼→前谷地→石巻→塩釜→小牛田→古川→福島→岩沼→いわき→郡山→会津若松)

旅行

実況

気仙沼線BRTの車窓

柳津駅でバスから列車に乗り換えます。
前谷地直通便もあります。

前谷地駅 ここで30分ほど待機 辺りは何もない

前谷地駅BRT乗り場

石巻駅 石ノ森章太郎ゆかりの地なので漫画・アニメキャラクターのモニュメントが多い

NewDaysで仙台限定?おにぎりを購入しました。

塩釜駅にて 構内に社がありました。

小牛田で陸羽東線に乗り換え

古川~福島は新幹線区間なので特急券を購入します。
古川~仙台、仙台~白石蔵王、白石蔵王~福島とそれぞれ1区間ずつ特急券を購入すると860円×3 = 2580円
古川~福島で通しで購入すると2590円なので10円安くなります。

古川 東京方面ホーム おそらく昔線路があったようですがひっぺがえされています。

仙台の短い乗り継ぎ時間を使って牛たん弁当とずんだシェイクを購入しました。

牛たん弁当はひも引っ張って加熱するタイプの弁当でひもを引っ張るとシュワァーと音を立てながら加熱します。

ある程度 温まってきたら蓋を開けて食べます。 塩釜の塩もついているのでふりかけて食べます。

噛みごたえがあって美味しかったです!麦飯とあっていました。

時間がなかったため弁当でしたが次に仙台を訪問するときはお店でじっくり食べたいですね

一方ずんだシェイクは枝豆の臭みなどはなく甘い味でした
つぶつぶの食感も癖になるのでずっと飲んでいたかったです(笑)

福島ではやまびことつばさの連結シーンが見られる

せっかく南へ進んだが東北本線の普通で1時間かけて仙台から20分ほどで着く岩沼に押し戻される

岩沼から常磐線に乗り換えます。
いわきから北は不通区間があるので岩沼~いわきは初めて乗ります。

浜吉田を過ぎると高架区間になります。

復旧するときに浜吉田~新地は高架路線になって田んぼばかりの中で高架を走るというのがほくほく線とかつくばエクスプレスなどの最近できた路線みたいな感じになっていますね。

原ノ町で浪江駅に乗り換えます。
全通したらここ原ノ町で東京方面と仙台方面で系統分離するのかもしれません。

浪江に到着し代行バスに乗り換えます。

この代行バスが行程組むときにネックになっていた部分で朝夕しか運行されていないかつほとんどの便が列車との接続を行っていないという難所でした。

浪江16:28発のバスなら富岡に16:58に到着して17:04のいわき行きの列車に乗り継げるます。

2019年末に復旧ということであと少しで全通となりますので2020年以降は今よりも早く常磐線で仙台に行けると思います。

富岡で651系の普通列車がやってきました。
2往復の運転なので運用に当たったのはラッキーでした。

リクライニングシートで快適にいわきまで移動しました。

いわきで間髪入れずに陸羽東線の列車に乗り込みます。

当初はいわきで2時間くらい滞在して陸羽東線でゆっくり郡山に向かう予定でしたが
小野新町で郡山行きに乗り継げるということだったので本日の目的地を郡山から会津若松に変更しました。

 

小野新町で郡山行きに乗り換え

小野新町に到着し一旦ホームに降ります。

しばらくすると郡山方面から小野新町行きの列車が入線しました。

さっきまで乗っていた列車に郡山方面から乗ってきた人たちが乗って入れ替わるように両列車折り返して発車しました。

郡山に着いてまたもや下車せずに磐越西線の快速電車に乗り込みます。

磐越西線は東北を縦断する路線としては珍しく喜多方まで電化されていて臨時の特急列車も走っています。

磐越西線は上越線ができる前までは信越線とならぶ新潟へ行く主要幹線だったから優遇されているのかもしれません。

会津若松駅にて

ようやく会津若松に到着しましていわきからずっと空腹でした。
空腹の他に長旅での疲労感が溜まってそろそろホテルのベットで体力を回復させておきたいとところどころ考えていました。
視界に東横インが見えました。 日曜日は安いからワンチャン宿泊するか?と考えがよぎりましたが
4000円以下だったら泊まるそうじゃなかったらネカフェ泊続行と決めました。
(たいがい早朝出発なのでホテルだとコスパが悪いんです)
そう思い公式HPを開いたら4800円だったので宿泊せず快活クラブでの宿泊となりました。

お腹を満たそうと店を探しましたがお店はほとんどが20時前に閉まるところが多いので食べようにも食べれません。

グーグルマップとにらめっこして0時まで営業している喜多方ラーメンのチェーン店を見つけました。

喜多方ラーメン来夢のチャーシュー麺を注文 チャーシューがトロトロしていて美味しかった

快活クラブに向かってこの日は終了です。
最近快活クラブはリニューアル工事が行われて鍵付きの防音個室が増えてきました。
宿泊した会津インター店も鍵付防音個室があったのでそれを選びました。
外の音はほとんどシャットアウトされていて普通のブースよりやや広めでした。
まくらと体がすっぽり入るブランケットがあったので普通のブースよりかは寝やすかったです。

行程

費用

品物 値段
Newdays 421円
新幹線 特急券 2580円
牛タン弁当 1080円
ずんだシェイク 250円
セブン 300円
喜多方ラーメン 982円
快活カラオケ 725円
6日目 計 6,388円 累計 137,131円

データ

切符進捗:南気仙沼→柳津→前谷地→石巻→塩釜→小牛田→古川→仙台→福島→岩沼→浪江→富岡→いわき→郡山→会津若松
鉄道キロ 553.7㎞(うち代行バス20.8㎞)
BRTキロ 50.8km
3205.8km/10725.2km 29.9%

累計費用:137,131円

第7夜に続く
訪問日
2019/02/24

良かったらX(旧 Twitter)のフォローよろしくお願いします!

最新の記事をいち早くチェックできます→

コメント

タイトルとURLをコピーしました