最長片道切符の旅 第16夜(岐阜→富山→金沢→敦賀→東舞鶴→綾部→福知山)

旅行

実況

用事を済ませ再び岐阜に帰ります?

復路はnottecoという相乗りサービスでたまたま名古屋に帰宅する人と日時がマッチングしたので乗降場所の交通費を合わせて3500円ほどで岐阜に戻ることができました。
nottecoについてはある程度サービスを利用したら記事を書こうと思います。
一般車両で人も少ないので座席をほぼベットに近い状態まで倒して眠ることが出来て快適かつ安価で移動することができました。

乗せてくれたドライバーさんに感謝です!

朝の6時過ぎに岐阜に到着しここから第3部の開始です。

高山線では313系電車のまがいもののキハ25系で移動します(笑)

紀勢線とは違いクロスシートでした。

でも行き違いの列車とか見てると。だいたいはロングシートなので基本はロングなのかもしれません。

美濃太田まではほどほどに混んでて席に座れませんでしたが美濃太田を過ぎると人がある程度降りるので座席を確保することができました。
飛騨川に沿って列車は走っていきます。

筆者ゆうひだけなのかあるあるなのかわかりませんが初めて乗る路線は車窓を観ていたいのですが途中で眠気が襲って気づいたら寝ていたってのがよくあります。
この高山線も初めて乗る路線で例外ではなく相当な眠気が襲いました。

なんとか起きてようと体を動かしたり音楽を聞いたりと工夫したのでガッツリ居眠りすることは避けられました。

下呂に到着し列車は9分停車します。
トイレに立ち寄ってみましたが改築されていて綺麗でした。

こういう観光地の最寄り駅は外国人が来るので綺麗にしているのではないかな?と思います。

下呂から1時間乗車して高山に到着しました。
次のワイドビューひだ富山行きの列車まで1時間あるので散策することにしました。

高山の道は古風な雰囲気で日本らしい風情がありました。

うさぎの置物がありました

飛騨牛コロッケ 100円

飛騨牛握り 1000円 お高かったけど口に入れた瞬間とろけました。

飛騨牛 牛まん総本家で飛騨牛まんを430円で購入しました。

牛まんの中身 肉だけではなく様々な具材が入っていたので食感が良かったです。

風情あるなぁ って感じです。

高山を1時間弱観光してきました。
ホントはもっとゆっくりと観て回りたいですが全国至る所を周るので1個1個の場所の
観光に時間が割けられないのが残念です。

ワイドビューひだ3号 富山行き 3両で自由席が1両しかないので席に座れないほど混んでいました。

君の名は の舞台の飛騨古川 ここも下車して散策してみたかったです。

川に沿って富山に向かいます。

猪谷駅 JR東海とJR西日本の境界駅です。

高山線のJR東海区間を乗り通しましたのでJR東海完乗となりました!

JR西日本区間に入ってほどなくして終点の富山に到着しました。

最近高架化されたので新鮮な感じです。

昼食に富山ブラックを食べることにしました。

僕のおすすめは駅近くにある(駅ナカにもあった)西町大喜という店で
好き嫌い別れるかもしれませんがかなり濃ゆい味で筆者ゆうひは好きですね
中華そば小(750円)とライス(160円)
塩辛いのでライスを注文しました。

北陸新幹線で金沢へ目指します。

金沢で特急しらさぎに乗り換え北陸新幹線の乗継割引を適用させて福井まで乗車

福井で普通列車に乗り換えます。

敦賀で小浜線に乗り換えます。
小浜線は初乗車でした。
敦賀はカツ丼?が確か有名で食べたかったのですがそれはまたの機会となりました。

日本海が車窓に広がっていました。 でも日が暮れて来たので車内が反射していました。

東舞鶴にて

舞鶴の街並み 暗くてごめんなさい…

30分時間があったので東舞鶴を散策しました。

赤レンガパークまで行こうかなと思っていましたがもう真っ暗でしかも気温もかなり低かったので断念しました。

舞鶴線のリレー号に乗車

リレー号は終点の綾部で京都方面の特急に乗り換えることができますが
切符のルートである京都方面には行かず運賃を支払って福知山に向かい1泊します。

福知山に到着し改札で乗り越し運賃の240円払いました。
福知山も切符のルートに入っているのですが下車印を押されてしまうと綾部~福知山のルートを放棄したとみなされるので駅員さんに説明しました。

福知山駅前に展示されているSLが光っていた。
駅近くにある業務スーパーで買い物をし本日の宿へ向かいます。

本日の宿のニコニコカプセルホテルです。

このカプセルホテル普通のカプセルホテルと違う感じでした。

中に入ってみるとなんとまぁドリンクバーがあるではないですか

他にはパソコンが置いてありました。
まるでネットカフェみたいでした。
このニコニコプラザという施設はカプセルホテルだけではなくてカラオケなどもありネットカフェだけの利用も承っているようでした。
気になるお値段は温泉付き、平日500円割引で2,060円と格安でした。
なお温泉はカプセルホテルの上の4階にあって温泉だけ利用することもできます。
温泉だけの利用で620円なので宿泊できてネットもできると考えるとかなりコスパの良い宿だと思います。

カプセルホテルとネットカフェ両方を兼ね備えた施設がこのニコニコカプセルホテルです。
また利用する機会があれば泊まりたいと思いました。

行程

費用


品物 値段
notteco 2500円
移動交通費 955円
ひだ 特急券 1180円
飛騨牛握り 1000円
飛騨牛コロッケ 100円
飛騨牛まん 430円
西町大喜 910円
セブン 276円
お土産 760円
北陸新幹線 特急券 1720円
しらさぎ 特急券 590円
綾部~福知山 乗り越し 240円
スーパー 587円
ニコニコカプセルホテル 2060円
16日目 計 13,278円(累計 197,664円)

データ


切符進捗:岐阜→富山→金沢→敦賀→東舞鶴→綾部 525.8km
7831.4km/10725.2km 73.0%

累計費用:13,278円

第17夜に続く
訪問日
2019/03/12

良かったらX(旧 Twitter)のフォローよろしくお願いします!

最新の記事をいち早くチェックできます→

コメント

タイトルとURLをコピーしました